講演会/イベント

シンポジウム『若手医療者の発展のために』

-IT×患者安全×転職-

シンポジウム開催の趣旨

1999年、合衆国での医療過誤による死亡が9万人弱発生と推測されると報告され、世界に衝撃が走り、2016年には合衆国での死亡原因の第3位は医療過誤で25万人の死亡者数とされています。

 

今世紀の医療者の課題は、患者安全であると様々な世界の医学学会、そして世界保健機関(WHO)も明示しています。

そして、世界の各地域では、医学会・市民団体を中心として、患者安全活動が進められています。

患者安全の重要性については、フェイスブック(https://goo.gl/r2BeBF)ご参照下さい。

 

日本政府は2015年から医療事故調査制度を開始して、医療安全を改善しようとしていますが、その成果は未だに明らかではありません。

 

私は、2015年3月に患者安全組織文化学習支援財団を設立し、患者安全活動を実践していますが、この活動は実際には医療機関での受け入れは良好ではありません。

 

この状況を考察するに、医療者にとって、患者安全への取組は、医療過誤当事者や関係者の過ちを暴露され、その修正やときに組織外への公開を迫られる辛い事象であり、積極的な活動には至りにくい性質があると私は見極めました。

 

人も組織もその失敗をさらけ出して、変化すること対して強い抵抗、いわゆる変化への免疫(imunity to change)があり、失敗改善は非常に難しいことがよく知られています(参照:『なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践』(英治出版))。

 

しかし、その一方で、発達心理学の知見に基づき、人や組織が発達しながら変化する方略は明らかになってきました(参照『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか――すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる』(英治出版))。

 

また、最近の安全理論の進歩から、かつての事故がないことが安全とする定義に基づく安全活動よりも、良いパフォーマンスを増やして安全を促進する理論展開も始まってます(参照『Safety‐1 & Safety‐2―安全マネジメントの過去と未来』(海文堂出版))。

 

従って、いわゆる事故減らしではなく、医療者がこれらの知見を応用しながら、人として成長・発展しながら、患者安全を促進出来る可能性は高いと、私は考えています。

 

また、最近のテクノロジーの進歩により、雇用の未来は現状と大きく異なることが予想されており、医療者の業務の変化も推測されます。医療での活躍の場が制限される医療者が発生してもおかしくない状況変化を医療者が乗り越える必要があります。

 

医療職は元来、とても安定した資格をもつ職種のため、転職するなどという発想は持ち得ないほどの職業観を持っていますが、この安定した資格が揺らぐ時代が訪れます。

そのときに、改めて、自分の才能を見いだし、その才能を開花させ、幸せに生きるためには、今から準備しても早すぎることはないと、私は考えます。

 

上述の患者安全活動と、テクノロジー進化に伴う医療職の不安定さへの鍵として共通するのは、医療職の皆さんの能力開発といえます。

 

私は患者安全財団の活動をつうじて、患者安全に限らず、医療に関わる方々の医療に留まらない発展を支援する活動に取り組みたいと考えております。

 

具体的には、上記の書籍に示された、個人及び組織の発展支援のためのツールを用いながら、その個人や組織の変化を見守り、将来、患者安全での改善や、その医療者個人の発展を確認する活動を行う計画を立案しています。

 

患者安全組織文化学習支援財団

代表理事 松本 尚浩

 

お申込フォーム

ご参加を希望のかたは、下記のフォームにご入力のうえ、送信してください。

お手数をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

 

メモ: * は入力必須項目です

尚、患者安全と医療者の能力開発に関するプレゼンテーションとして、以下ご参照ください。

開催概要

【日時】2018年3月24日 土曜日 14:00~17:00

 

【場所】東京都千代田区丸の内1-9-2 (株)リクルートキャリア内

 

【参加費】無料

 

【主催】(株)リクルートキャリア

 

【共催】全日本患者安全組織文化学習支援財団、(株)プラメド

 

【シンポジスト・ワークショップファシリテータ】

田澤雄基 (MIZENクリニック豊洲)

松本尚浩 (医療法人尚誠会笑顔のおうちクリニック松戸)

増間大樹 (㈱リクルートキャリア・マネジャー)

 

ダウンロード
若手医療者の発展のために- IT x 患者安全 x 転職 - フライヤー
Tazawa_Masuma_Matsumoto_Symposium2018.pd
PDFファイル 430.4 KB

【11月12日開催】第二回全日本患者安全組織文化学習支援財団シンポジウム開催のお知らせ

開催概要

日時:2016年11月12日 土曜日 14:00-17:00(13:30受付開始)

 

場所:東京慈恵会医科大学本館西講堂(東京都港区西新橋 3-25-8)

 

参加費:1000円

プログラム

 

1.開会の辞:杉浦立尚(笑顔のおうちクリニック代表)

 

2. 発表(座長:杉浦立尚(笑顔のおうちクリニック代表))(14:00-15:00)

1) 全日本患者安全組織文化学習支援財団(全患安)のこの1年、報告:松本尚浩 (全患安代表理事) 

2) 「薬の飲み忘れと患者安全への取り組み」、講師:吉永和貴(株式会社フリクシー・代表取締役、常楽診療所・在宅診療医)

3) 患者の立場からの患者安全(仮題) 講師:阿部桂(特別養護老人ホーム秋桜 副施設長)

 

3. 鼎談:患者安全への患者参加(15:10-15:50)

永井裕之(医療の良心を守る市民の会)

米倉良智(ソウ・コミュニケーション株式会社 代表取締役)

松本尚浩(全日本患者安全組織文化学習支援財団 代表理事)

 

4. 講演:(座長:松本尚浩(全日本患者安全組織文化学習支援財団 代表理事))(16:00-17:00)

「もっと患者さんに安全な社会を目指して」

講師:武田聡(東京慈恵会医科大学 救急医学講座 教授)

 

5.閉会の辞:松本尚浩

 

ダウンロード
第二回全患安フライヤー.pdf
PDFファイル 162.0 KB

お申込フォーム

ご参加を希望のかたは、下記のフォームにご入力のうえ、送信してください。

お手数をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

 

メモ: * は入力必須項目です

0 コメント

【終了しました】第一回全日本患者安全組織文化学習支援財団シンポジウム開催のお知らせ

皆様方に於かれましては、御健勝のこととお慶び申し上げます。

この度2015 年3 月に念願であった「全日本患者安全組織文化学習支援財団」を

関係各医療機関の皆様方をはじめ大変多くの方のご助力の下に設立することができました。

組織文化の醸成や学習支援などの方略で医療機関の患者安全をお手伝いする意図で団体名を命名させて頂きましたが、

より多くの医療に関わる方々が患者安全を意欲的に学ぶことができ、

より多くの患者様が安全な医療を受けられることを目指し尽力して参る所存です。

立ち上がって間もない財団ではございますが、今後とも皆様のご支援、ご指導の程何卒よろしくお願い申し上げます。

                            

                            

全日本患者安全組織文化学習支援財団 理事長 松本尚浩

ダウンロード
第一回全日本患者安全組織文化学習支援財団シンポジウム開催のお知らせ
全患安第一回シンポジウムフライヤー02.pdf
PDFファイル 1.3 MB

特別講演

講師:伊藤雅治(全国訪問看護事業協会・会長)

平成27 年10 月11 日(日)13:20 開場 14:00 開演(17:00 閉会) 

於:名古屋国際会議場  名古屋市熱田区熱田西町1 番1 号

 

入場料:1,000 円(第1回特別料金)

親睦会:5,000円  (18:30~ 於:名古屋マリオットホテル)


第一部:一般演題( 14:00-14:30)

(座長:福元博樹 笑顔のおうちクリニック事務長)


演題1:患者安全の向上のために薬剤師がしてること・できること

演者:東城秀和(クオール株式会社クオールぎなん・薬局長)


演題2:医療機器メーカとしての患者安全に対する取り組み

演者:近藤俊雄

( 日本光電工業株式会社品質管理統括部安全管理部・医療機器安全管理実施責任者)


演題3:『笑顔のおうち朝大学』活動の 成果とこれからについて

演者:渡部竜成(笑顔のおうちクリニック船橋・院長)、三菅知久(笑顔のおうちクリニック松戸・スマイルコンシェルジュ)

第二部:シンポジウム「 患者安全と教育活動」(16:00-17:00)

 (座長:松本尚浩)


シンポジスト1:大学・大学病院における患者安全を目指した振り返り学習支援者養成の試み

三好雅之(鳥取大学医学部総合医学教育センター・特命助教)


シンポジスト2:学びによって達成できる民間病院の患者安全ー老健通所急変トレーニングの実践例

岩永康之(社会医療法人緑泉会米盛病院・麻酔科部長・学習システム室室長)

第三部:財団活動方針 (15:30-15:50)

 (座長:杉浦立尚(笑顔のおうちクリニック・代表))


演題:全日本患者安全組織文化学習支援財団の活動計画

演者:松本尚浩(全患安 笑顔のおうちクリニック松戸・院長)

第四部:特別講演(16:00-17:00)

( 座長:杉本壽・全患安理事)


演題:医療有害事象発生時の医療側の対応について

講師:伊藤雅治(全国訪問看護事業協会・会長)

特別講演 講師:伊藤雅治(全国訪問看護事業協会・会長)

第一回全日本患者安全組織文化学習支援財団シンポジウム開催のお知らせ フライヤーのダウンロード

ダウンロード
第一回全日本患者安全組織文化学習支援財団シンポジウム開催のお知らせ
全患安第一回シンポジウムフライヤー02.pdf
PDFファイル 1.3 MB
0 コメント